アカショウビン 巣立ち日 (1)

夜明け頃 現地着 濃霧
7時過ぎまで営巣地近辺へのカラスの侵入を防ぐ
遠くでもカーと鳴くと 自分の眼が血走っているのがわかった
霧の中 2羽のサシバが上空を舞っていたが 自分は関知しない
サシバ

カラス奥山へ去り 静かな山となり営巣地に入るか思案する
早朝、3回餌を運んでいるので それで出たらそれで良い
去年は失敗しているので 是が非でも今年は成功して欲しい 写真なんかどうでもよい
出ていないなら明日か?とも思った。

散々考慮し7時半頃 登る事を決断 枯れ枝を踏まないように 物音を立てると1分はその場でじっとした
粗 完璧に目的地に到着 上を見ると見張り場にオス
気配を殺しカメラをセッティング 斜面の枝に三脚と片足をかけ片足は滑り落ちないように踏み力を入れ
僅かな葉の間抜き もう少し前に行けば抜けるが そこは自分の知る限り許されない
暫くすると雛が巣穴の中で鳴きだす
だが 巣穴を見ると 湿気(水分)で周辺の木の葉が垂れ下がりルートは半枝かぶり 残念だが これはこれで良い
天候は複雑 1分も経てば晴れから曇り、その逆も

9時10分頃 もう一羽現れ2羽で静かに鳴き交わす それと同時に雛の動きが慌ただしくなる 餌を運ぶか出るか
20分程 雛の動きは慌ただしいが巣立ちの気配を感じれず FZ1000で親鳥を撮影
アカショウビン 9時31分 FZ1000
アカショウビン 巣立ち日 1羽目雛 トリミング有り
数枚撮影 その時 1羽目巣立ち 9時37分
アカショウビン 巣立ち 1羽目雛
雛は真っ直ぐ親の辺りの木へ
下降気味に飛ぶと思っていたが予想外 飛翔能力は十分 これなら大丈夫

Canon EOS 1D X EF400 F2.8L IS II USM
Panasonic FZ1000

Tagged , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.