オオルリ 虫食い

毛虫系のアレルギーが有るので 
森林に入ると帰宅後も むず痒いです
街中に生息場所を変え チャドクガやイラガを駆除してくれないですかね
もうボチボチ 毛虫の時期 (´;ω;`)

Blue-and-White FlycatcherBlue-and-White FlycatcherBlue-and-White Flycatcher
Blue-and-White FlycatcherBlue-and-White Flycatcher

DSLR
Canon Eos-1D X + EF600 F4L IS II USM

シマフクロウを見て

極寒期に餌を捕るのは 大変
凍らない川が絶対に必要 
しかし 冬場は魚は深みに入るので
猛烈な寒さと空腹に耐えてるんでしょう

昔は彼らを支える豊かな自然が多くあったのでしょうね
だから 彼らは渡りは行わず 本能から定住を選択したのだと思います。

今回の旅で一つ学ぶ事ができました
Blakiston’s fish owlBlakiston’s fish owlBlakiston’s fish owlBlakiston’s fish owl
シマフクロウだけでは無く
希少種全て 近親相姦の心配が懸念されています
Blakiston’s fish owl
Blakiston’s fish owl

日本には 限られたエリアのみ繁殖できる環境が残っているからです。
Blakiston’s fish owl

DSLR 
Canon Eos-1D X
EF400 F2.8L IS II USM

コアジサシ VIII 瞬膜

眼の出しにくいコアジサシですが 眼の画像を集めてみました。
普通のキャッチが入った眼 (クリックで拡大画像)
普通のキャッチが入った眼
捉えたい半瞬膜 コアジサシでも撮れました \(^▽^)/ (クリックで拡大画像)
コアジサシ 半瞬膜 私はこの眼を撮りたい
普通の瞬膜 簡単に偶然に捉えれる
コアジサシ 普通の瞬膜 偶然に簡単に捉えれる
毛づくろい瞬膜 これが簡単に捉えやすい。
コアジサシ 羽づくろい瞬膜 これが簡単に捉えやすい。
お眠
コアジサシ まぶたを閉じて うたた寝。

水面から飛び出す瞬間も瞬膜を閉じてます
甘い画像ばかりで検証後 許せる範囲でしたらアップします (^_-)-☆

◎ コアジサシ シリーズ

撮影機材 Canon
Eos-1D Mark IV
EF400 F2.8L IS II USM + EXTENDER EF1.4×III
EF800 F5.6L IS USM

ヤマセミ BSプレミアム

本日 4/9(月) 20:00~20:59 BSプレミアム(BS103)
NHK ワイルドライフ

北海道 千歳川 清流の鳥ヤマセミ 一瞬の狩りに生きる が放送されます

多分 ハイスピードカメラの映像が出てくると思います。
お見逃し&録画忘れ無く (^_-)-☆

ヤマセミ Crested Kingfisher