シマフクロウを見て

極寒期に餌を捕るのは 大変
凍らない川が絶対に必要 
しかし 冬場は魚は深みに入るので
猛烈な寒さと空腹に耐えてるんでしょう

昔は彼らを支える豊かな自然が多くあったのでしょうね
だから 彼らは渡りは行わず 本能から定住を選択したのだと思います。

今回の旅で一つ学ぶ事ができました
Blakiston’s fish owlBlakiston’s fish owlBlakiston’s fish owlBlakiston’s fish owl
シマフクロウだけでは無く
希少種全て 近親相姦の心配が懸念されています
Blakiston’s fish owl
Blakiston’s fish owl

日本には 限られたエリアのみ繁殖できる環境が残っているからです。
Blakiston’s fish owl

DSLR 
Canon Eos-1D X
EF400 F2.8L IS II USM

Tagged , , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.