Komputerbay UDMA7 128GB Compact Flash Card

試しに購入 1DXにてテスト結果 ※ 外れ品かもしれません
屋内撮影 軽いデータ
Lexar CFカード 128GB 1000倍速 UDMA7 連続撮影枚数 54枚 書き込み時間(赤ランプが消えるまで) 7秒89
Komputerbay 128GB 1050倍速  UDMA7 連続撮影枚数 48枚 書き込み時間(赤ランプが消えるまで) 8秒60
屋外 70-200 F8まで絞り やや重いデーターで3回程テストしましたが
同様 Lexarの方が連続撮影枚数は多く Komputerbayの方が書き込みは遅かったです。

Komputerbay UDMA7 128GB Compact Flash Card

UDMA7で128G ある程度の速度は出ています 価格から考えれば十分ですが・・・

タグ付けされた

転倒 1DX 640 そして (T_T)

2012/6/27-28
完全転倒  その衝撃は大きかったです
機材の転倒は予想してましたが 別に私の心の中に大きな衝撃が残る日
その内容につきましては後日 お知らせ致します。

修理期間中は 最近眠っていた1D4。 そして428を使用
修理完了翌日 斜面を登る時
何時も以上にカメラを持つ手に力が入りました (^_-)-☆

又 近々 やるでしょう ・゚・(ノД\lll)・゚・コワイヨォォォォ・・・1DX 640 転倒

Canonの技術員さんは丁寧で本当に感謝しています
そして お付き合いさせて頂いているカメラ屋さん ご配慮頂き本当に有難う御座いました。

タグ付けされた

1DX  便利な機能

私のブログで検索ワードが多いのは 1DX 野鳥撮影 AF設定 です
鈍く才能の無い私ですが 何時もM-Modeで撮影ています
少し参考になればと思い記載させて頂きます。

ISO SS F値を変更しようとすると 3っの操作になり瞬時に変更は不可能です。
そこで 1DXには瞬時に撮影設定を変更出来る 撮影機能の登録と呼び出しがあり
親指AFの横(AEロック)ボタンに設定すると
ボタンを押すだけで登録された機能が瞬時に起動し撮影出来ます。

1DX 親指AF

例えれば
飛び込みは高速SS ホバリングは低速SS
飛翔撮影設定しているが 止まった時は綺麗な低ISO
AVモード使用時は 背景あり-補正 空抜け+補正等
正反対等の設定もボタン一つで瞬時に呼び出せ撮影出来る便利な機能で
AF特性やAFフレームも変更出来 登録可能です。

下記写真は アジサシのホバリングと飛び出し
別のカットになりますが 上記機能を使い撮影しています
左が高速SS 右が低速SS
そして  飛び出しは高速SS
高速SSの分は マニュアルモード 低速は登録したAVモードを瞬時に呼び出し撮影しています。
M-Mode ISO320 F5.6  SS1/1250  WB-AutoAV-Mode ISO100 F16 WB-Auto (SS1/80)
M-Mode ISO320 F5.6  SS1/1250  WB-Auto

親指AFの横ボタンに割り当てます1DX 操舵ボタン カスタマイズ1DX 操舵ボタン カスタマイズ割り当てる機能

殆どの設定項目が登録出来ます。
1DX 登録出来る 機能
レンズを装着していないので 薄字となりますが 装着すると変更可能
1DX 登録出来る 機能
カワセミ、ヤマセミ撮影時はフィールドに合った AF設定で
私は中央一点が殆どです
割り当て機能は どうしても近すぎて撮れない時や
咄嗟に現れた物に即座に反応するように設定しています。
1DX 登録出来る 機能1DX 登録出来る 機能

ただ 残念な事に
以前にも記載しましたが AF測距不能時の動作は 未だにカスタマイズ不可能です;;