1DX  便利な機能

私のブログで検索ワードが多いのは 1DX 野鳥撮影 AF設定 です
鈍く才能の無い私ですが 何時もM-Modeで撮影ています
少し参考になればと思い記載させて頂きます。

ISO SS F値を変更しようとすると 3っの操作になり瞬時に変更は不可能です。
そこで 1DXには瞬時に撮影設定を変更出来る 撮影機能の登録と呼び出しがあり
親指AFの横(AEロック)ボタンに設定すると
ボタンを押すだけで登録された機能が瞬時に起動し撮影出来ます。

1DX 親指AF

例えれば
飛び込みは高速SS ホバリングは低速SS
飛翔撮影設定しているが 止まった時は綺麗な低ISO
AVモード使用時は 背景あり-補正 空抜け+補正等
正反対等の設定もボタン一つで瞬時に呼び出せ撮影出来る便利な機能で
AF特性やAFフレームも変更出来 登録可能です。

下記写真は アジサシのホバリングと飛び出し
別のカットになりますが 上記機能を使い撮影しています
左が高速SS 右が低速SS
そして  飛び出しは高速SS
高速SSの分は マニュアルモード 低速は登録したAVモードを瞬時に呼び出し撮影しています。
M-Mode ISO320 F5.6  SS1/1250  WB-AutoAV-Mode ISO100 F16 WB-Auto (SS1/80)
M-Mode ISO320 F5.6  SS1/1250  WB-Auto

親指AFの横ボタンに割り当てます1DX 操舵ボタン カスタマイズ1DX 操舵ボタン カスタマイズ割り当てる機能

殆どの設定項目が登録出来ます。
1DX 登録出来る 機能
レンズを装着していないので 薄字となりますが 装着すると変更可能
1DX 登録出来る 機能
カワセミ、ヤマセミ撮影時はフィールドに合った AF設定で
私は中央一点が殆どです
割り当て機能は どうしても近すぎて撮れない時や
咄嗟に現れた物に即座に反応するように設定しています。
1DX 登録出来る 機能1DX 登録出来る 機能

ただ 残念な事に
以前にも記載しましたが AF測距不能時の動作は 未だにカスタマイズ不可能です;;

シャッターボタン 改造

よく聞かれるのが このボタンです

私は指が短いのか? シャッターボタンは少し出っ張っている方が押しやすく

昔から シャッターボタンの上にシール等を張り付けたりしてましたが
シールは粘着力の問題があり 使用中に取れたり いつの間にか無くしたりが多く
現在は ピタガンとホットボンド(ホームセンター工具売り場にて購入)を利用し愛用しています。

ノーマル状態では シャッターボタンは平面の中にあるボタンを軽く押し込むような感じですが
出っ張った状態になり指先(スマホで一番使う部分)を常時乗せ撮影しています

シャッターボタン以外も 指の感触でわかるように よく使うボタンにも付けてます

カメラ ボタン改造カメラ ボタン改造
シャッターボタン 上部ボタン

ピタガン (ホームセンターで購入)
ピタガン
ホットボンド 色々な色があり
これを上のピタガンに差し込み 温まると引き金を引き圧を加えれば先から出て来る
作業時 水を用意し 指先を濡らし 軽く押して成型すると好みの形に成りやすいです
ホットボンド

カメラに使わなくても 水漏れや穴埋めにも使え一つ持っていると便利ですよ
他に 内緒ですがフローリングホットカーペットを煙草で焼きクロ系で穴埋めして誤魔化しています。

おまけ

見た目は汚いのはご了承 マウスにも使用してます^^
マウスのボタンも

 

※ ホットボンドは熱を加えゴムのような素材を溶かします

作業時 機材に熱が加わり故障の原因となる可能性もあり 自己責任にてお願い致します。
一切の責任は負いませんのでご了承ください (今まで不具合はありませんが)

1D X 登録AF リクエスト

超望遠レンズを使用している時 追従性を高める為
AF測距不能時のレンズ動作 サーチ駆動はOFF設定が良いとされています
下記写真を参考

AF測距不能時のレンズ動作
AF測距不能時のレンズ動作
AF測距不能時のレンズ動作
AF測距不能時のレンズ動作

咄嗟に現れた物にフォーカスを当てたい場面もあると思いますが
この設定では 遠くから近くはAFボタンを押しなおすと 多少AF駆動しますが
近い所から かなり遠い所へはAF駆動しません

極端な例ですが 10メートル先の動物を撮影しているとします
150メートル先で希少動物が突然現れた
AFを押しなおしてもサーチ駆動しないので食いつきません。
メニューでサーチ駆動ONに設定すれば AFで探します
が そんな手間をかけるなら マニュアルフォーカスで食いつかします
1D Xの高速なAFで食いつかす方が勿論 速いです。

では 1D Xの新ボタンに適用出来ればと思います
残念ながら カスタマイズの項目にはありません。

私が この一例でベストと考えるのは
常時使用AFでは追従性を高める為 サーチ駆動はOFF
前の新設ボタンに 登録AFでサーチ駆動をOFF、ONに設定を行える項目があれば
ボタンを押せば瞬時に咄嗟の対応が出来ると思うのですが。

操作ボタンカスタマイズ

操作ボタンカスタマイズ

この項目にAF測距不能時のレンズ動作があると
前ボタンを押すと サーチ駆動するに出来る為 私は便利だと思います
※ カスタマイズしたボタンを押した時だけ 作動
操作ボタンカスタマイズ

技術が未熟な私ですから このような事を望むのかもしれません
使う機会は あまり無いかもしれませんが チャンスは一瞬の時もあり
その確率を上げる為 信頼できる機材を選んでいますので記載しました

1D X 覚書

カスタム撮影モード
C1-C3まで カスタマイズした撮影機能が登録され 割り当てた機能が瞬時に選択できる

現場でISO SS等 状況に合わた数値がオートスリープで登録した時点の値に戻る

回避するには 登録内容の自動更新 する に
1DX カスタム撮影モード

Mark IVはスリープで消える事が無かったので 戸惑いました。

現時点の熟成度0の登録
C1 猛禽用AF@追従感度=遅め 登録AF(前ボタン)全点博打AF速め
C2 ヤマセミAF@追従感度=並 登録AF(前ボタン)全点何所でも博打AF最速
C3 仕事用