1羽はずっと頭上 営巣中の穴が見える位置にいました
もう一羽の餌運びの回数が減り
負担をかけているのかと思い 静かに片づけている最中
突然 キャキャキャーキャーと けたたましい声 瞬時に私に怒っていると思いました
”悪い事をした もう 今後来ない 辞めよう” と思っていると
巣穴の横下辺りにキャキャキャーキャーと鳴き何度も攻撃に行っているように見えました

何かと思いカメラで覗くと(撮影はその時のみ) アオダイショウが樹を登っている
私はブラインドを振り払い 立ち上がりヘビを落とす準備
アカショウビンは四方八方に止まり何度も鳴きながら突いて(噛んで?)必死に攻撃を繰り返し
もう少し 巣穴に近づくと私がやる覚悟でいましたが
キャキャキャーキャー ドスン 無事にアカショウビンがヘビを退治
その後 かなりヘビを監視していました。

アカの攻撃が嫌なのか直立の場所でトグロを巻き
蛇の体が少し凹んでます 顔より左下あたり
アカショウビンの営巣木に上るアオダイショウ

帰宅後 あのようなシーンが撮れる人が真実を伝えれる本当のプロカメラマンだと思いました
退治失敗 雛がヘビに・・・寒気がします。

Translate »